平成14年8月(2002−8)

************************
  「世のため、人のため」
    経  彦 さ ま 伝  
************************

「そんなバカなことが」 
 と、村の長老となった次郎吉が否定しましたが、
「じゃ、人魂の正体はなんです?」
 と問われて返事に困りました。
「奉行所に届けたほうがいいかもしれんよ」
 一人が言うと、
「なあに、異人(外人)の一人や二人、この俺が始末してくれよう」
 林太郎が大きな体をゆすって勇ましく笑いました。
「わかった。とにかく確かめるのが先決じゃ」
 という次郎吉の判断で、林太郎をはじめとする向こう見ずな青年五、六名が選ばれ、人魂の正体を確かめることになったのです。
 夜ふけ。
 木刀や鎌、鍬の柄などで武装した青年たちが墓地に向かいました。
 みな無言です。
 見送られて村を出るときは、
「異人など、この手でやっつけてやる」
「徳力の男衆は日本一だ」
 と口々に強がりをいって高笑いしていたのに、いまは険しい顔をして黙々と歩いています。
 勢いで引き受けたものの、
(本当に異人でもいたら、どうしよう)
 と、内心は後悔しているのでしょう。お互いが先を譲るように、足どりも次第に重くなっていきました。
 やがて前方に、雲間にかくれた月の薄明かりに、大小さまざまな墓石がシルエットになって見えてきました。
 そのときです。
 突然、墓石の前に赤い火が浮かびあがりました。
「出た!」
 と青年たちは叫ぼうとして、言葉をのみました。
 人の気配がします。
 声もします。 
 眼をこらすと、なんと、
 ――経彦先生 
 でした。
 母の墓の灯篭の火が消えないようにと、経彦が桐の葉で覆って拝んでいたのでした。
 青年たちは驚き、安堵のため息をもらしながら、
「それにしても、経彦先生は……」
 と、経彦の親孝行ぶりに感激するのでした。

新たな決意

 人間に備わった本能の一つに、
 ――揺れ戻し
 というのがあります。
 バランスの感覚、と言ってもいいでしょう。
 例えば失業してぶらぶら遊んでいると、そのうち、ふと
(このままでいいのだろうか)
 と不安になります。
 あるいは逆に堅実なサラリーマン人生を送っていても、なにかの拍子にふと、
(自分の人生は、このまま朽ち果ててしまうのだろうか)
 と、不安になることがあります。
 遊んでいてもコツコツ働いていても、幸福であっても不幸であっても、必ず現状に対して、「このままでいいのか」
 という疑いが浮かぶ一瞬があります。
 これが「揺れ」であり、その現状を否定し、そこから抜け出ようとする意志の働きが「戻し」なのです。そして、揺れて戻る、という振幅(揺れる幅)の大きい人生を、私たちは「波乱」と呼びます。
 経彦にも、やがて「揺れ」の感情が芽生えてきます。
(自分は神より生を授かり、しかも神につかえ、世のためにつくすべき家に生まれたのではなかったか)
 という思いがそれであり、両親の墓に詣でたときに不意におそってきたのでした。
 自問して、答えはわかっています。このまま何もせずに過ごしていいわけがありませんでした。問題はこのあとです。すなわち、揺れてなお理想とする方向に向かって、「意志」という振り子が戻って行けるかどうか、です。現状に流されれば、ただの人でした。
 経彦は揺れます。
(母をつつがなく送り、恩師もとむらい、もはやのちのちの心配はなくなったではないか。にもかかわらず、いまの私ときたら……。父も母も、そして西田先生も、きっとお嘆きになるに違いない)
 そして天を仰ぎ、決意を次の一首にこめて、天地之祖神に誓いました。
「火にも入り水にも入らむ 世の中の人を助くる 道の為には」
 最初はつぶやき、二度めは大きな声で叫びました。「揺れ」は原点に向かって、大きく「戻り」始めたのです。
 翌慶応二年六月、幕府は再び長州征討を発令します。歴史の歯車を止めるために、運命をかけた大勝負に出たのでした。
 天王山でした。