背景色が選べます!

明星会館外壁補修工事と大祭準備奉仕など 第207号 平成17年10月9日(日)

    
 暑さ寒さも彼岸まで、といいますが平均気温が3℃も上昇したという昨今は、秋雨前線もまだ活動中のようです。
 
 今日は良いお天気(少し暑すぎくらい)を頂き、福山教会より奉仕の皆さんが汗を流されています。
 今朝はご一緒に朝のご神拝をしました。
 管長様は大教殿に掲げられた教歌、
『いつまでも 神の心を 心にて   事はなすべき 君もろともに』を解釈されて、

「いろんな事がある時に、神様であればどう考えられる又どうされるであろうか、と考えて行動すれば良いですよ」とお取り次ぎされました。
 
<行事報告>
1)9月23日(金・祝)は本院祖霊祭があり、その前に総代世話人会・婦人会・神理の会など奉仕団体の大祭打合せも行われました。
 祭事が終わると、神理会館で直会を楽しみました。
 北九州大学の落研から2人来て頂き、上手な落語を聞かせて頂きました。
 10月23日(日)に本院である北九教友会にも来てくれます。
 
2)9月25日(日)は福永教会大祭があり、巫部祐彦副管長・立元誠一課長が出向しました。
 
 

(明星会館の外壁が傷んできたということで、補修工事を行いました。
 8月の半ばから9月一杯掛かりました。
 これは足場を取り外しているところです。
 斜めに並んだ様子に、機能美を感じますね)
 
 
(補修工事中は、こんな感じの飛散防止網が掛けられました。
 半透明でしたが、室内は少しうっとうしく感じられました)
 
 
(10月2日の日曜日、熊本県の大津教会の皆さんが9月に続き、2度目の清掃奉仕に帰院下さいました。
 大津教会{三池トキワ教会長}は今年は、墓前祭の奉仕です。
 筆者は地元の産須奈神社の御輿かきで、あまりお付き合い出来ませんでした。
 いつもおいしい団子汁{だごじる}を頂くのでしすが、残念でした)
 
 
(同じ日に田川の親和会も帰院奉仕下さいました。
 いつも駐車場を中心に、溝にたまった泥まで取って下さいます)
 
 
(10月8日の土曜日に、地元の総代会を中心に新しい大旗も立ちました)
 
 
(本院責任役員の中西さんが、管長家の前の椎の大木を見上げています)
 
 
(神理の会の皆さんが、高所作業車を持ってきて剪定をして下さっています。
 前回は駐車場の側の木を揃えて頂きました。
 今度はもっと高く、そうですね7〜8mはありそうです。
 この木の実は太鼓椎とか言われて、大きいそうです。
 何故か筆者は見ていませんが、もうすぐシーズンだそうですから、大祭には落ちるかな)
 
 
(昨日から三々五々帰院された福山教会の皆さんです。
 お若い方が沢山おられます。
 清掃のみでなくテント貼りからお茶席や札所の準備など、青年部のメンバーも多いので大変良く気がつかれます。
 皆さんのお帰りをお待ちします)
 
>行事予定< 毎月1日6:00より月例祭、16日16:00より教祖祭
1)10月15・16日(土・日)は、秋季大祭です。
  久々の土・日開催となりました。
  遠くからもお子様とご一緒にお帰り下さり、大きな御神徳をお受け下さい。
 
2)10月18日(火)は、岡山県の津山教会の秋祭りです。
  最近増築や土地の購入が続いていますが、今度は内陣の増築が行われます。
 
3)10月23日(日)は、第11回の北九教友会です。
  神理教の勉強もしますが、北九州大学の落研の皆さんによる、落語もあります。
  是非お越し下さい。
 
4)11月6日(日)は、福山教会の設立90周年の記念大祭があります。