神理教メルマガ「正月準備と投稿感想・第27号」 平成13年12月29日(土) 

 
 文中の教紋は幸二さんに頂きました。
 前号は26号でしたので、お詫びとともに訂正します。
 
>正月準備
 今日は、小雨の中を朝から職員で神理会館やテントのテーブルと椅子の準備をしました。
 12月の9日(日)には、熊本の大津教会の皆さんが帰院下さり、造化社や教祖殿などの、注連縄の
ご奉納と張り替えのご奉仕を頂きました。
 教徒の西さんが徳力山や造化社や神理教の入り口のライトアップをして下さいました。
 今日は、午後から地元の青年部・北九州支部が神理会館で福袋を作りに集まります。
 青年部は、破魔矢の頒布やたき火も担当して下さいます。
 たき火の準備は年々盛大になりますが、火事対策も大丈夫と言うことですからお任せしています。
 屋台も早くから立ち上がり、初詣の幟も立ち、チラシ広告も入れました。
 いよいよ眠たさに負けないぞ!、と決意を新たにしてお正月を迎えるだけです。
 お正月の様子は、デジカメで撮りますので(出来るかな?)お楽しみに




>嬉しいご感想  広島のMさんより
 ご多忙の中、いろいろな話題、本院の状況を提供して頂いた1年
でしたが、送る側としての感想は如何でしょうか?
 受ける側の個人的感想は非常に有効と考えています。
(情報提供、癒し、学習と各カテゴリ-で有益であると感じるから)
 限定されたメンバ-の中と言う人もあろうかと思いますが、ITがこれだけ浸透すれば近い
将来メ−ルにもアクセス出来る人が飛躍的に増えるのではないかと期待されます。
 その意味でも来年のさらなる充実に向けて頑張っていただきたいものです。
 色々な意味をこめて1年ありがとうございました。
 良いお年をお迎えください。
*編集より
 編集者への感想をお尋ねでしたが、私はある意味でいい加減に楽しませて頂く
つもりで、気楽に送らせて頂きました。
 有益と言って下さって、本当に嬉しく思います。
 辛口の意見も嬉しいのですが、やはり人間として誉められることは例え嘘でも舞い上がって
しまいます。
 来年も(まだあるかも知れないけれど)皆様、良いお年をお取り下さい。
 メルマガへのご理解・ご助言をお願い申し上げます。